八奏絵巻

八奏絵巻

2015年9月2日に発売された、和楽器バンド待望の2ndアルバム!

 

今作「八奏絵巻」には、前作の「ボカロ三昧」にも収録されている、和楽器場の代表曲ともいえる「千本桜」をはじめとして、映像シングルとしてリリースされ今回がCD初収録となる「華火」、「戦-ikusa-」、「なでしこ桜」、そしてdTVオリジナル『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙』の主題歌「反撃の刃」など、9曲の未発表オリジナル曲が収録された作品です。

 

さらに、初回盤のみボーナストラックとしてライヴで大人気の「地球最後の告白を」カバーをスタジオ録音にて収録!

 

また映像付き商品は、【MUSIC VIDEO COLLECTION】と【LIVE COLLECTION】の2形態を用意。

 

【MUSIC VIDEO COLLECTION】は、「千本桜」以降に発表された4曲と、新作「反撃の刃」、「暁ノ糸」のMUSIC VIDEOとメイキングを収録。

 

【LIVE COLLECTION】は、2015年1月7日渋谷公会堂にて開催された「和楽器バンド大新年会2015」と、2015年5月10日台北ATT SHOWBOXにて開催された「台北大演唱会PREMIUM ENCORE」の模様を収録。

 

そして数量限定商品として、今作収録音源のMP3、ハイレゾ音源を収録したメモリアルUSBとCD、2DVD(MUSIC VIDEO COLLECTION+LIVE COLLECTION)、Blu-ray(MUSIC VIDEO COLLECTION+LIVE COLLECTION)、写真集がセットになった豪華絢爛BOXも発売。

 

音に映像に和楽器バンドの魅力がびっしりと詰まったコンテンツコレクションです!

 

タイアップ楽曲
  1. 「戦-ikusa-」:アニメ「戦国無双」オープニングテーマ / ゲーム『戦国無双4-U』テーマソング
  2. 「なでしこ桜」:アニメ「戦国無双」エンディングテーマ
  3. 「反撃の刃」:dTVオリジナル「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙」主題歌

 

収録内容

 

[CD]収録内容
  1. 戦-ikusa-
  2. 星月夜
  3. Perfect Blue
  4. 追憶
  5. 鋼-HAGANE-
  6. 風鈴の唄うたい
  7. 華火
  8. 郷愁の空
  9. 暁ノ糸
  10. 白斑
  11. なでしこ桜
  12. 反撃の刃
  13. 千本桜
  14. 華振舞
  15. 地球最後の告白を ※初回盤のみボーナストラックとして収録

 

[MUSIC VIDEO]収録内容
  1. 千本桜(MUSIC VIDEO)
  2. 華火(MUSIC VIDEO)
  3. 戦-ikusa-(MUSIC VIDEO)
  4. なでしこ桜(MUSIC VIDEO)
  5. 反撃の刃(MUSIC VIDEO)
  6. 暁ノ糸(MUSIC VIDEO)
  7. 反撃の刃(MAKING)
  8. 暁ノ糸(MAKING)

 

[LIVE VIDEO]収録内容
  1. 六兆年と一夜物語
  2. 華火
  3. 星月夜
  4. 戦-ikusa-
  5. なでしこ桜
  6. 箏Solo
  7. 郷愁の空
  8. 虹色蝶々
  9. 脳漿炸裂ガール
  10. セツナトリップ
  11. 天樂
  12. 千本桜
  13. チルドレンレコード

 

スポンサードリンク

 

楽曲裏話

魅力的な楽曲がたくさん詰まった「八奏絵巻」ですが、各メンバーによる楽曲制作の際の裏話や、曲に込めた想いなどをまとめてみました。
基本的に、ニコニコで行われた「八奏絵巻リリース記念特番」でのメンバーのお話から抜粋しています。

 

これらを知ってから改めて曲を聴くと、また違った発見がありますよ!

 

戦-ikusa-

亜沙さん作曲の、和楽器バンドの2作目の映像シングル。
アニメ「戦国無双」のタイアップ曲となっており、「和+ロック」をイメージした、和楽器バンドらしさ満載の曲です。
亜沙さんいわく、撮影中寒かったのが想い出とのこと(笑)
男性メンバーの殺陣は必見です!

 

詳しくは曲の個別ページでも解説していますので、ご覧ください♪

戦-ikusa-

 

星月夜

町屋さん作曲の、ライブではお馴染みの曲。
和楽器バンドのオリジナル曲の中では初期からある曲で、今作で待望の収録となりました。
イントロの和の感じから、激しいロック調へと変わっていくのが特徴です。
「ライブでみんなで楽しめる曲」というのがテーマで、和とロックがうまく融合された和楽器バンドらしさ満載の曲です。

 

 

Perfect Blue

亜沙さん作曲のアップテンポなナンバー。
早口がある曲で、ボーカルは大変そうですね。
亜沙さん曰く、ボカロの曲は「速ければ速いほど良い」らしく、BPM200以下は遅いとのこと。ボカロPの血が騒ぐらしいです(笑)
またこの曲は、町屋さんがギター以外にもターンテーブルとトランペットを演奏しているそうで、相変わらずの多才っぷりを発揮しています。どこで使われているか、よく聞いてみましょう!

 

追憶

町屋さん作曲のミディアムテンポが心地よい曲。
アップテンポな曲が多い和楽器バンドの楽曲の中では珍しいですね。
この曲は鈴華ゆう子さんが節調(詩吟の要素)を入れず、J-POPの王道な歌い方で歌った珍しい曲です。
こぶしや詩吟の要素があまりない、鈴華さんの歌い方の引き出しの多さが光りますね。

 

鋼-HAGANE-

和楽器バンドでは初の、黒流さん作詞作曲のナンバー。
黒流さんがお客さん目線で、「皆にこんなことやって欲しい!」という思いからできた曲で、各メンバーのかっこよさを強調した和楽器バンドにしかできない楽曲となっています。
また、いぶくろ聖志さんが「テクニックと表現力のすべてを注ぎ込んだ曲第一位」といっており、箏をやってる人からしたらとんでもない技術のオンパレードのようです。
管理人は箏の演奏経験はないのでよくわかりませんでしたが、確かに不思議な音が鳴ってるなー。。とは思っていました。ライブで見られるのが楽しみですね!
他にも、落ちサビの町屋さんといぶくろ聖志さんのハモリ(箏とクラシックギター)、間奏の「キメ」だらけの独特なリズムなど、いろいろな技術が詰め込まれたハイレベルな楽曲に仕上がっています。

 

 

風鈴の唄うたい

鈴華ゆう子さん作詞作曲のしっとりとしたバラード。
歌詞は亡くなった人目線で書かれた内容で、切なくも前向きな気分になれる名曲。
ハモリも町屋さんではなく鈴華ゆう子さん自身で行うなど、こだわりが見えますね。
曲中に風鈴の音が使われているのですが、この音にはかなりこだわったそうです。
風鈴の音を鳴らしたのは山葵さんなのですが、デリカシー不足(笑)により何テイクも重ねることになったとか。。。(笑)
またこの曲は、いぶくろ聖志さんの「表現力を詰め込んだ曲第2位」にランクインしているらしく、アレンジやフレーズ作りはかなりの難易度になり、そレコーディングの際は終始機嫌が悪かったとのことです(笑)
その甲斐あって箏の綺麗な旋律が非常に目立っており、曲の雰囲気をぐっと高めています。

 

華火

鈴華ゆう子さん作詞作曲の、和楽器バンド初の映像シングルです。
初のシングルだけあって、和楽器バンドの「らしさ」が非常に際立っている印象です。
イントロは尺八と箏から始まり、洋楽器のフィルからメロに移っていく展開が、なんとも盛り上がりますね。
ちなみにそのイントロは、いぶくろ聖志さんと神永さんが好き勝手に作ったとのこと。実力の高さが伺えますね。
間のソロを2小節ずつ各楽器で分けているなど、メンバーそれぞれにしっかり見せ場があり、曲の展開がめまぐるしいのが特徴ですね。
ちなみに町屋さんの尺八練習は順調らしく、この曲くらいならもう吹けるらしいです(笑)

 

詳しくは曲の個別ページでも解説していますので、ご覧ください♪

華火

 

郷愁の空

町屋さんがメインボーカルの曲!
2015年1月のライブで初披露され、今アルバムに待望の収録です!
ライブでの演奏後各パートをしっかり詰めたらしく、ご本人的にも非常に満足のいく仕上りになってようです。
町屋さんは地元北海道の秋の風景をイメージしたらしく、都会の夜空を見ながら故郷へ思いを馳せる切ない感じが表現されていますね、。
間奏の箏ソロが特徴的で、町屋さんの歌声も相まって、かなりグッときます!
個人的には今アルバム一番のおススメ!!(管理人は若干、町屋さん贔屓ですw)

 

暁ノ糸

町屋さん作曲のMVも制作されているナンバーです。
当初インストの予定だったのが、全員の良さを見せて行けるような構成で作っていたところ、歌詞などもついてきたとのこと。
この曲では鈴華ゆう子さんが詩吟「事に感ず」を乗せてを披露しており、和楽器に寄せた旋律からの詩吟は、聴き応えたっぷりです。
鈴華さんの願いは、カラオケなどでみんなが詩吟を歌ってくれることだそうなので、頑張って覚えましょう!

 

また歌詞に関しては、ライブでみんなで歌えるように、あえて同じフレーズを繰り返して覚えやすくしているそうなので、こちらもぜひ覚えてライブの際は盛り上がりましょう!

 

詳しくは曲の個別ページでも解説していますので、ご覧ください♪

暁の糸

 

 

白斑

「しろまだら」と読みます。
こちらも町屋さん作曲です。
町屋さんが大好きな変拍子で、かなりやりたい放題好き勝手やってますね!
普段はポピュラリティーを追及して、4分の4のわかりやすい曲をなるべく作るそうですが、こちらは町屋さん色が全開。
m:a.tureでも変拍子だったり転調したりと、構成が忙しい曲が多いので、こういったテクニカルな曲は町屋さんの得意分野みたいですね。

 

歌詞の内容はかなりセクシーで妖艶なものとなっています。
この内容を鈴華さんが歌うことによって喜ぶ人がたくさんいるらし、ぜひ歌わせたかったとのことく笑)

 

またこの曲のもう一つの特徴は、箏です!
いぶくろ聖志さんが町屋さんのオーダーをガン無視して、オーケストラのようなアンサンブルを箏一人で構築したらしいのですが、
あまりのクオリティに町屋さんは感動し、ベタ褒めしたとのことです。流石はいぶくろ聖志さんですね!
アレンジもすべて自身でやっている和楽器バンドならではの曲といえるでしょう。
アレンジャーを付けずにすべて自分たちで曲を制作しているのは、メンバー技量と信頼の証ですね。
また、この曲では町屋さんはシタール(インドの弦楽器)を弾いています。
本当に何でも屋さんですね。。逆にできない楽器の方が少ないのでは。。。?

 

なでしこ桜

鈴華さん作曲の戦国無双のEDテーマ曲。
戦国無双の世界観に沿って作られた曲らしく、MVも作成されています。
下手をすると演歌っぽくなってしまうのを、上手にロックテイストにアレンジされていますね。
転調の難易度が高く、和楽器奏者がかなり大変とのことです。
ギターも4〜5回カポ移動しているらしく、非常に忙しい曲。
ライブが必見です!

 

 

反撃の刃

町屋さん作曲の進撃の巨人のテーマです。
転調が非常に多く、これをやってのける和楽器奏者はそうそういないとのこと。
実力派のメンバーをしても、口々に「難しい」との苦情が上がっています(笑)
実際かなり構成が目まぐるしく、演奏の難易度はスゴイことになっています。。。
こういうとんでもない曲をやってのける辺りが、さすがは一流プレイヤーの集まりといえますね。
これも、ライブで生で聴けるのが楽しみです!

 

詳しくは曲の個別ページでも解説していますので、ご覧ください♪

反撃の刃

 

千本桜

ボカロ三昧にも収録されていましたが、今作にも収録されています。
しかし、前回のものをそのまま最収録しているわけではなく、全体的にアレンジが変更されています。
特にギターのフレーズは大きく変更されており、ソロもかなり派手なものになっています。
ボカロ三昧収録分はどちらかというと尺八が目立っていましたが、今回のアレンジではギターが主役、といった感じです。
千本桜は和楽器バンドの人気に火が付いたきっかけの曲でもあり、ミュージックステーション出演の際にも演奏され、その他メディアに出演の際は必ずと言っていいほど紹介される程の、「和楽器バンドの代表曲」といった位置づけになっている特別な曲です。「これからもずっとやっていくであろう曲、という想いから、今作にも改めて収録されることとなりました。

 

華振舞

『CR吉宗3 越後屋らんどOPENの巻』というパチンコに使用されている曲です。
作曲は和楽器バンドではないのですが、作詞をいぶくろ聖志さんが担当しています。
歌詞の内容は、女の人目線で花占いをしながら想い人の気持ちを占っている、という内容です。
「大盤振る舞い」など、上手にパチンコの要素もいれつつ、「ひいふう、みい、よお」といった和の感じも出しており、いぶくろ聖志さんの引き出し言葉選びのセンスが光ります。

 

演奏に関しては、リズム隊が非常に大変らしく、ライブの際は黒流さんと山葵さんは汗だくになっているとのこと。
テンポも速く、時間も長いため、本当に大変だそうです。
山葵さんはこの曲を、「鬼畜」、「長い・速い・五月蠅い」と語っており、あまり好きではなさそうですね(笑)
逆にギターは音数を厳選し減らしているらしく、町屋さん的には楽しく弾けている見たいです。

 

地球最後の告白を

※初回盤のみボーナストラックとして収録されている、人気ボカロ曲のカバー。
ライブではアンコールなどで何度も披露されており、お馴染みの大人気曲ですね。
本来収録予定ではなかったのですが、ファンからの要望が多かったため、初回限定盤にのみ収録されることとなりました。
ラストのサビでコード進行が、一部オンコードになるらしく、亜沙さん的にはそこがツボらしいです。
非常にマニアックな、ベーシスト目線ですね(笑)

 

 

まとめ

今作「八奏絵巻」ですが、これまでの和楽器らしさもありつつ、また新しい和楽器バンドの一面を見せてくれた、超名作となっています!

 

各メンバーの演奏技術や言葉のセンス、ミュージシャンとしてのレベルの高さが際立っており、ライブで演奏される火が待ち遠しいですね!

 

2016年には武道館ライブも決定していますし、今アルバムを買って、ライブで大いに盛り上がりましょう!!

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク


 

 

関連ページ

ボカロ三昧
和楽器バンドのデビューアルバム、「ボカロ三昧」の紹介です。 人気のボーカロイド曲を大胆アレンジで多数収録。 代表曲の「千本桜」も、もちろん収録されています。

トップページ このサイトについて 最新情報 和楽器バンド